×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山形蔵王温泉スキー場/2010年04月11日更新
─────────


山形蔵王温泉スキー場



─────────
山形蔵王温泉スキー場といえば、まず思い出されるのはモンスターと呼ばれる樹氷です。 山形蔵王温泉スキー場のゲレンデは300haを超える面積を誇る、日本でも指折りの大規模なスキー場です。 1日では、とてもすべてのコースを滑走することはできません。 ゲレンデトップの標高は1660mもあることから、山頂付近では幻想的な樹氷原が広がっているのです。 夜には樹氷がライトアップされる時もあるので一見の価値あり、と思います。 ロープウェイ3本とゴンドラリフト1本をはじめとしたリフト本数は42本になり、コース数は25本にもなります。 山形蔵王温泉スキー場の看板コースはやはり樹氷原コースでしょうか。 蔵王ロープウェイ山頂線の山頂駅からザンゲ坂を下りて樹氷原コースに入っていきます。 ここから横倉ゲレンデまでは約8km、大森ゲレンデまでは9kmもあり、かなり長い距離を滑走できます。 1本滑れば、半日分の滑走距離を稼ぐことがでます。 樹氷原コースから横倉ゲレンデまで滑走する途中に「横倉のカベ」と呼ばれるコースがあります。 蔵王温泉スキー場を訪れる上級者ならば、1度はチャレンジしてみたいコースです。 横倉のカベのコース長は250mほどしかありませんが、最大斜度は38度もあります。 そのため、コース上部から覗き込むと垂直の壁に見えてきます。 中級者は覗き込むだけで足がすくんでしまうため、迂回コースに回っていきます。 横倉のカベを滑走するにあたって必要なのは技術というより度胸であるようです。 ─────────
CRミニスカポリス画像
yahoo申\し込み
【Wワーク可】水商売体験入店情報
イイコイ
フレッツインターネット回線申\込み開始
─────────

─────────
(C)山形蔵王温泉スキー場 ●━━━━